10年後の働き方

タックスセイバーの評判!学べる内容と初心者が購入すべき理由とは?

せどり商材タックスセイバー

この記事を書いた人

タテノリ丸アイコン

タテノリ

元ブラック企業サラリーマン。会社で働きたくない一心でアービトラージを始めて、月100万円達成。今は好きに遊びながら仕事する自由人。

 

プロフィール

メルマガはこちら

せどり商材タックスセイバー

せどりで切っても切れない関係にあるのが、税金です。

「少額だから大丈夫」「非課税だと思うから大丈夫」などのあいまいな考えでは、正直非常に危険です。

1件当たりの申告漏れ所得金額は、1,164万円(平成26事務年度1,121万円)となっており、実地調査(特別・一般)全体の申告漏れ所得金額941万円(平成26事務年度877万円)の約1.2倍となっています。

引用:国税庁(インターネット取引を行っている者の調査)

国税庁は、インターネット取引をしている人を調査したところ、1,000万円以上の申告漏れが発生していると発表しています。

昨今買い占め転売などが横行している背景を見ると、国税はせどらーに目を付けています。

この場合どうすればいいんですか…?税金の知識がないとせどりは不安です!
安心してください!タックスセイバー(THE TAX SAVIOR)という教材を使えば、この問題も解決できますよ~!
タテノリ

この記事をまとめると

タックスセイバーでできること!

  • 確定申告についての基礎知識が学べる
  • 事業で経費になるものがわかる
  • せどりでできる節税対策ができる

タックスセイバーを使うべき人のタイプ!

  • 確定申告がわからない人
  • 税金の支払いにビクビクしている人
  • 節税してしかるべき場所にお金を使いたい人
  • 会社にバレない副業がしたい人

せどりに特化した税金知識を学びたい方に!

【これも経費になるの?知って得する情報満載】

タックスセイバー公式サイトはこちら

教材代は簡単に回収できました!の声多数

 

 

ちゃんやま氏のTHE TAX SAVIORとは?基本情報を紹介

タックスセイバーとは

せどりや転売などの物販ビジネスをする場合、税金の知識を身に着けておく必要があります。

会社員として勤めていると、なんとなく税金の仕組みはわかっていても、確定申告についてはわからない人も多いですよね。
(僕も独立したての頃は恥ずかしながらそうでした…!)

確定申告の仕組みを簡単に説明しておくと、年間の所得をまとめて、管轄する税務署に書類を提出することです。

総所得の割合に対して、所得税・特別復興税の金額が決まります。

しかし、イマイチ何をどうすればいいのかわからない人も多いでしょう。

そういう人におすすめなのが、タックスセイバーです。

タックスセイバーは、正しい税金の知識が身に着けられる教材で、以下のようなことが学べます。

【タックスセイバーで学べる事】

  • 確定申告の初歩的な内容
    (例:確定申告のやり方、計算方法など)
  • 事業をするうえで経費になるもの
  • 全体的な節税対策

「ほかの本でも学べる内容じゃないの?」と思うかもしれませんね。

でも、そのような教材を僕はおすすめしません。

タックスセイバーをおすすめするのは、せどらーに特化した確定申告のバイブルだからです。

お世辞抜きで、タックスセイバーを読破するだけで、せどりに必要な税金の知識がすべてわかります。

それはすごいですね!これで税金や確定申告におびえることはなさそうです!
せどりで節税対策は重要ですからね!しっかり教材で知識を身に着けてください!
タテノリ

THE TAX SAVIORの口コミ・評判を紹介

評判口コミ

ちゃんやま氏がリリースしているタックスセイバーですが、一部利用者の口コミ・評判があったので抜粋して紹介します。

ネットが普及した現在、個人でも税務署に目を付けられる可能性が高くなっていることは容易に予想がつきます。

そんななか、このタックスセイバーに目を通しましたが、せどらーに必要な知識が詰まっています。

想像をはるかに超えるボリュームで、
税金・確定申告に関するさまざまなことを網羅していました。

この教材は全せどらー
いや、事業をおこなう人であれば
必ず一家に一冊持つべき教材です。

いずれも評判が高いものばかりで、評価が高い教材だとわかります。

僕も購入して読ませてもらいましたが、お世辞抜きに素晴らしい教材でした。

せどりは、ほかのビジネスに比べると確定申告がやや複雑です。

たとえば、商品を仕入れて販売するまでの経緯を帳簿付けする場合以下の内容を記載しなければなりません。

せどりで帳簿付けをする場合

  • 売上計上:商品が売れた金額

差し引く経費

  • 商品の仕入れ値
  • 販売手数料
  • 送料
  • 梱包費
  • そのほか事業に関するものを購入した場合

売上から経費を差し引いたものが所得になるため、正しい知識を身に着けないと、無駄に税金を支払うことになります。

そのようなトラブルを避けたい人に、タックスセイバーはおすすめできます。

THE TAX SAVIORで学べること一覧

学べること

タックスセイバーでは、税金についてさまざまな知識が学べる教材です。

せどりに特化しているとはいえ、ほかの事業にも役に立つ教材なので、非常におすすめです。

ちなみに、タックスセイバーでは、以下のことを教材で解説しています。

タックスセイバーで学べる事

  • 確定申告に関する基礎知識
  • 事業をするうえで経費になるもの一覧
  • 節税対策について

せどりを始めたての人や、今年度から確定申告をする人は、正直不安を感じますよね。

そんな人はタックスセイバーがあれば安心です!

確定申告に関する基礎知識

せどりをするうえで、必要不可欠なのが確定申告に関する知識。

いくら稼いでも、確定申告を正しくおこなわないと、以下のような危険性があります。

確定申告しないと起きること

  • 申告をしない→無申告加算税、重加算税の恐れ
    ※最大60%の追徴課税
  • 経費を多めに計上した→過少申告加算税の恐れ

本来の納税額以上の金額を支払う必要があるため、タックスセイバーで学んでいきましょう。

ちなみに、タックスセイバーでは以下の内容が書かれています。

  • 確定申告の対象者
  • 毎月帳簿を付ける重要性
  • 個人で税理士を付ける方法
  • 青色申告・白色申告の違い
  • 棚卸しについて
  • 税金の種類について

せどりで払うべき税金の種類から、棚卸の方法まで具体的に書かれています。

この内容を読破するだけでも、確定申告の基礎知識が身に付きます。

事業をするうえで経費になるもの一覧

タックスセイバーのメインコンテンツと言っても過言ではないのが、こちらの内容です。

せどりを本格的に始めると、売上もアップします。

人によっては、月に500万、1,000万円売っている人も少なくありません。

しかし、せどりは売り上げた分がそのまま所得になるわけではなく、売り上げから経費を差し引いたものが所得になります。

たとえば、月間売り上げが100万円あるとします。

【月間売り上げ100万円で計算する所得】

  • 売上:100万円
  • 仕入れ値:60万円
  • 諸手数料:15万円
    (例:送料、手数料、雑費など)

この場合の所得は、100万円から75万円の経費を差し引いた25万円です。

確定申告では、売上と経費をまとめたうえで、所得を算出します。

しかし、せどりでは仕入れ値や諸手数料以外にも、以下も経費になります。

  • せどりツアーに参加した場合
    →旅行交通費として差し引ける
  • 仕事仲間と会食をした場合
    →接待交際費として差し引ける
  • せどりの教材を購入した場合
    →新聞図書費として差し引ける

そのほかにも、「これがせどりで経費なるの!?」というものが、タックスセイバーに書かれています。

ちなみに余談ですが、タックスセイバーを購入した費用も、新聞図書費としての形状ができます!
タテノリ
それは初耳です!それなら、安心して教材を購入できそうですね!

節税対策について

経費になるものとは同様に、節税対策についても書かれています。

公式サイトより抜粋すると、以下のとおりです。

これらの15個の項目が、経費になるのかどうかが書かれています。

少しだけネタバレをしておくと、上記で紹介されている項目は、方法次第ではすべて経費計上が可能です。

ただ、普通の感覚では経費にできないため、タックスセイバーで正しく勉強する必要があります。

そのため、タックスセイバーでは”全体的な確定申告の知識・大きく節税する方法”が学べるわけです。

THE TAX SAVIORを使うべき人のタイプ!

向いている人

タックスセイバーは、全員におすすめできるような教材ではありません。

正直、確定申告の知識がある程度ある人にはおすすめしない教材で、以下のような人におすすめです。

タックスセイバーをおすすめしたい人

  • 確定申告のやり方がわからない人
  • 毎月税金の支払いにおびえている人
  • 節税をして生活を豊かにしたい人
  • 会社にバレずに副業がしたい人

このような人は、タックスセイバーをぜひ購入してほしいです。
(おそらく損はしません)

確定申告のやり方がわからない人

確定申告は、正直複雑でイマイチわかりません。

とくに、会社員の人は何から手を付けたらいいのかわからない人も多いはず。

そういう人こそ、タックスセイバーがおすすめです!

タックスセイバーには、確定申告に必要な内容が学べます。

さらに、自分で確定申告をするのが不安な人のために、個人で税理士を付ける方法なども書かれています。

ほかの、確定申告について学べる本でも同様のことが書かれていますが、税理士の選び方などはあまり書かれていません。

せどりは、帳簿付けが複雑なので税理士を付けることも少なくありません。

その辺について、詳しい知識が学べるとなると手に入れるのはアリです。

毎月税金の支払いにおびえている人

せどりは、ほかのビジネスに比べると稼げるビジネスです。

しかし、稼げるビジネスということは、税金の支払いもその分多くなります。

仮に、独立した場合に支払う税金の例を挙げると、以下のとおりです。

  • 国民健康保険料
  • 県民・市民税
  • 所得税※確定申告時に支払う
  • 予定納税額
    ※予定納税基準額が15万円超える場合に発生
  • 個人事業税

正直、高給取りになってしまうと、支払う税金だけでもかなりの額を徴収されてしまいます。

僕の知り合いのケースを例に挙げると、年収1,200万円の人で、総所得950万円に対してかかる税金は、以下のとおりでした。

【所得950万円の人にかかる税金】

  • 国民健康保険料:90,300円/月
  • 県民・市民税:220,000円/1回×4か月
  • 所得税:840,000円
  • 予定納税額:478,000円/1回×2か月
  • 個人事業税:なし

国民年金も含めると、約400万円納税している計算になります。

しかし、タックスセイバーに書いていることを実践すると、この税金を軽減できます。

タックスセイバーでは、事業で経費になる可能性があることが23ページにわたって詳しく解説されています。

知り合いに教材を紹介しましたが、正しく計算すると150万円ほど節税できる項目が見つかったそうです。

それだけでも、だいぶ節税になりましたね!
そうですね!このようなことを、タックスセイバーでは学べるわけです!
タテノリ

節税をして生活を豊かにしたい人

先ほどの話にも関連しますが、節税をすると生活が豊かになります。

タックスセイバーでは、「本当に経費になるの?」という意外なものも、経費計上できます。

少しだけ情報を公開すると、以下のとおりです。

  • 食事会を経費にする方法
  • 二次会のキャバクラを経費にする方法
  • レジャー、旅行を経費にする方法
  • 家賃を経費にする方法
  • 住宅ローンを経費にする方法

生活の一部や娯楽に使っているお金を経費にすることで、節税しつつ生活を豊かにできます。

僕は、タックスセイバーがほかの教材と異なる点は、ここにあると思っています。

正直、ほかの教材でキャバクラのお金を経費にしたり、旅費を計上したりすることは詳しく書かれていません。

しかし、タックスセイバーでは詳しく書かれているのです。

これもちゃんやま氏が、せどりを実践して賢く稼いでいるからだと覆います。

会社にバレずに副業がしたい人

正直、こちらは閲覧注意な項目です…。

タックスセイバーでは、会社にバレないように副業をする方法が書かれています。

近年、メガバンクや上場企業が副業を解禁するなかで、副業を断固反対する会社も少なくありません。

しかし、それでも会社にバレずに副業をする人もいると思います。

ただ、副業解禁の会社で副業をするのは、リスクがあります。

タックスセイバーでは、そのような状況をいかに潜り抜けるかのポイントが学べるわけです。

紙媒体の節税教材には、まず書かれていないことなので、タックスセイバーでしか学べません。

賢く副業で稼いでいくためにも、学んでいきたい項目です。

初心者せどらーならTHE TAX SAVIORは購入必須!その理由とは?

おすすめ理由

タックスセイバーは、現時点で稼いでいるせどらーよりも、初心者せどらーにおすすめしたいです。

理由はさまざまですが、具体的には以下のとおりです。

初心者せどらーにタックスセイバーを
おすすめしたい理由

  • 必要以上に税金を支払う必要がないから
  • 税務調査に入られる心配がないから
  • せどりをするうえで税金対策は必要だから

せどりは稼げるビジネスだからこそ、正しい税金の知識を身に着けておく必要があります。

タックスセイバーでは、確定申告・税金の知識がフルでわかる教材です!

必要以上に税金を支払う必要がないから

せどりは、思った以上に税金がかかるビジネスです。

稼げるが故のことですが、正しい税金の知識を身に着けていないと、余分に支払うことになります。

極端な例で紹介すると、年間売り上げが1,000万ある場合、そこから経費を差し引いた分が所得になります。

せどりで経費にできるものは複数ありますが、単に事業にかかわる”仕入れ値・送料・手数料”だけをまとめて、300万円を経費計上したとしましょう。

この場合、売上から300万円差し引いた700万円が所得になるので、こちらに税金がかかります。
(そのほかにも国民年金保険料や社会保険料を差し引きます)

しかし、タックスセイバーに書かれている経費や節税対策のことを実践すると、さらに軽減できる可能性があるのです。

本来700万に対してかかる税金が、500万円・400万円と下げられる可能性があります。

ちなみに、700万円に対してかかる税金と、500万円に対してかかる税金は段違いです。

【売上700万円の場合】

【売上500万円の場合】

青色申告の場合、80万円近い差があるため、タックスセイバーで節税した浮いた分を家族や自分に使っていきたいところです。

税務調査に入られる心配がないから

せどりなどの事業をしていて、もっとも恐れられているのが税務調査です。

税務調査とは、過少申告や無申告が発覚した場合、追徴を求める目的で調査することを指します。

意図的に申告していないことがわかると、重加算税・無申告加算税などの追徴課税が求められます。

正しく確定申告をしているつもりでも、多めに経費計上をして税務署から目を付けられ、税務調査に入られるということも少なくありません。※個人でも同様です。

そのため、税務調査に入られる心配をしたくないなら、タックスセイバーで正しい知識を身につけましょう。

読破してしまえば、税金の知識が身についているので、税務調査の可能性を軽減できます!

自分ですることが難しい場合は、税理士に依頼するのもよさそうですね!
そうですね!せどりは帳簿付けが難しい分、税理士に依頼する人も多いみたいです!
タテノリ

せどりをする上で税金対策は必要だから

せどりは、税金対策ありきのビジネスだと思っています。

というのも、経費計上できる項目が多いため、いくらでも節税できるからです。

本来500万円に対して税金がかかるところが、タックスセイバーの内容を実践すると、100万円単位で経費が差し引ける場合もあります。

人によっては、「多少申告しなくてもバレない」という人もいますが、せどりは”電子商取引”に該当します。

どのプラットフォームでも、ネット上で商品を売買した場合は、電子商取引によって利益が残っているのです。

そのため、税務署が調べようと思えば、簡単に調べられます。

せどりは、帳簿付けが複雑だからこそ、タックスセイバーで税金対策を徹底しましょう!

【まとめ】THE TAX SAVIORを使って税金対策を徹底しよう!

お世辞抜きで、税金に対しての知識を深めたいなら、タックスセイバーがおすすめです。

ほかの税金対策関連の教材と異なるのは、以下のとおりです。

【タックスセイバーがほかの教材と異なる点】

  • せどりに特化した税金対策をおこなっている
  • 税理士を付ける必要性について書かれている
  • グレーな節税方法についても書かれている
    (例:キャバクラ、会食、旅費など)

市販ではまず公開できないような、超おすすめな情報も書かれているため、せどりで徹底的に節税したい人におすすめできます。

せどりに特化した税金知識を学びたい方に!

【これも経費になるの?知って得する情報満載】

タックスセイバー公式サイトはこちら

これ1つでせどりの税金にもう迷わない

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

-10年後の働き方