タテノリの日常

Ama Tax Calcは軽減税率計算の救世主|概要・評判を紹介

この記事を書いた人

タテノリ丸アイコン

タテノリ

元ブラック企業サラリーマン。会社で働きたくない一心でアービトラージを始めて、月100万円達成。今は好きに遊びながら仕事する自由人。

 

プロフィール

メルマガはこちら

Amazonでせどりをしている人で、消費税率の仕分けに悩んでいる人は少なくありません。

Amazonには、消費税8%の商品と消費税10%の商品があり、軽減税率が関係しています。

一部商品にタックスコードを追加することで、8%での販売ができますが、Amazonには仕分け機能が一切存在しません。

これは、僕も思いました…。まとめて10%で計上することもあります…。
それは非常にもったいない行為です!損しないためにも、Ama Tax Calc(アマタックスカルク)について勉強して、仕分けをしていきましょう!
タテノリ

この記事をまとめると

Ama Tax Calcでできること一覧

  • 8%、10%の売り上げを3秒で計算できる
  • 返品、返金対応の軽減税率にも対応している
  • 販売手数料の消費税加算分の計算もできる

Ama Tax Calcを使うべき人の特徴

  • Amazonの軽減税率で損している人
  • 税率計算に時間がとられている人

8%・10%の仕分けに苦しむあなたに

【軽減税率計算の救世主】

AmaTaxCalc公式サイトはこちら

面倒な税計算に時間をとられたくないならこれ!

面倒な軽減税率の計算を一瞬で解決!Ama Tax Calcとは?

Amazonには、軽減税率が設定されている商品があります。

カテゴリにもよりますが、一般的に”食品・飲料・サプリメント”の商品は、消費税率8%で出品が可能です。

食品に特化して商品を販売していた場合、税率8%で固定して確定申告をすればよいです。

しかし、多ジャンルの商品を仕入れていると、8%と10%が混在してしまいます。

「たった2%だからそんなに差はないよ!」という人もいますが、Ama Tax Calcの公式ページでは以下のように解説されていました。

8%で報告した場合の金額は約4.6万円で、10%報告した場合は約5.8万円です。

その後差は、なんと10,000円以上…。

1カ月で1万円近くの誤差が出ているため、仮に12カ月誤った計上をしてしまうと、多めに納税しなければなりません。
(修正申告もできますが面倒です)

このような誤差が生まれないように登場したツールが、Ama Tax Calcです。

Ama Tax Calcは、以下のようなツールです。

Ama Tax Calcでできること

  • 税別の総売り上げを3秒で計算できる
  • 返金・返品の軽減税率の計算ができる

つまり、面倒な軽減税率の計算が、3秒でできてしまうわけです。

 

すごいツールですね!これで、正しい確定申告ができそうです!
そうですね!案外できていない人が多いので、こういうツールは重宝されると思います!
タテノリ

そもそも軽減税率とは?

Amazonには、軽減税率制度が導入されていますが、イマイチわからない人も多いです。
(僕も当初はわかりませんでした)

軽減税率は、所得負担を軽減するための対策で、日本では2019年10月より導入されました。

具体的に説明すると、生活にかかわる特定の商品の消費税率を、ほかの商品に比べて低く設定するという制度です。

Amazonで対象になっている商品(カテゴリ)は、以下のとおりです。

軽減税率の対象になっている商品

  • 食品
  • 飲料
  • 健康食品
  • サプリメント

あくまでも一部ですが、食品関連はすべて軽減税率の対象となりました。
(10%から8%に設定できます)

設定方法は簡単で、Amazonの在庫管理画面で、タックスコードを入力するだけで完了します。

しかし、あくまで対象になる商品は、軽減税率が適用されているカテゴリのみなので注意しましょう。

 

従来・現代のAmazonの2つの問題点【軽減税率編】

従来のAmazonでは、軽減税率についてさまざまな問題点があります。

なかでも、以下の2点は特に問題なので、事前に把握しておきましょう。

Amazonの軽減税率の問題点

  • 軽減税率対象の総売り上げ計算ができない
  • 商品の販売数が多いほど計算が面倒

人によっては、スプレッドシートやエクセルで管理することもあるようですが、正直手間がかかります。
(それならAma Tax Calcを使って秒で計算したほうがいいです)

 

軽減税率対象の総売り上げ計算ができない

Amazonは、セラーセントラルにてさまざまな商品データを確認すると思います。

しかし、現状のAmazonでは、軽減税率対象の総売り上げは自動で計算できません。

売上自体は、セラーセントラルのダッシュボードより確認できますが、表示されるデータはあくまでも総売り上げのみです。

たとえば、食品カテゴリでの売り上げとゲームカテゴリの売り上げがあった場合、合算されて表示されます。

軽減税率が設定される以前は、すべて8%で申告すればよかったものの、設定後は非常に面倒になりました。

自動で算出できる機能はなく、いずれも手動でまとめなければなりません。

確定申告って地味にストレスですよね…。しかも、軽減税率で余計に面倒になったイメージがあります!
そうですね!ただ、Ama Tax Calcを使えばその悩みも一瞬で解決です!(わずか3秒!)
タテノリ

商品販売数が多いほど計算が面倒

Amazonには、トランザクションデータとして、軽減税率別で商品が確認できます。

月々数十点しか販売していない人なら問題ありませんが、販売数が膨大な人計算が面倒です。

エクセルやスプレッドシートで計上するにしても、莫大なデータの仕分けには時間がかかります。

また、トランザクションデータの表示には上限があり、600件までしか表示できません。

少なくとも、月商100万円以上売り上げている人は、3~4か月ほどで上限が来ます。

一応、期間指定をするとトランザクションデータが表示できますが、ダウンロードに時間がかかります。

それにプラスして、手動で計算するとなると…気が遠くなる作業です。

軽減税率を10%で固定して計算した場合に損する額

販売する商品によっては、軽減税率が対応していないものもあるため、気にしなくていい人もいます。

しかし、頻繁に仕入れている人は、知らないうちに損しているかもしれません。

たとえば、毎月300万円の売り上げがあると仮定して計算した場合、8%と10%で以下の違いがあります。

  • 8%の場合:年間288万円
  • 10%の場合:年間360万円
  • 差額:72万円

この場合、72万円を多めに申告することになります。

確定申告の際に、余分に所得税や住民税を支払う必要があるため、軽減税率は正しく計算したほうが吉です。

Ama Tax Calcでできること一覧

Ama Tax Calcは、Amazonせどりの救世主です。

軽減税率の計算は正直面倒で、僕は毎回スプレッドシートにまとめて計算していました。

しかし、Ama Tax Calcでは以下ができます。

Ama Tax Calcでできること

  • 税率別の総売り上げを3秒で自動計算
  • 返品・返金の軽減税率にも対応
  • 販売手数料の消費税加算分にも対応している

面倒な軽減税率の計算がわずか3秒でできることは、Ama Tax Calcを利用する最大のメリットです。

また、Amazonにかかわるさまざまな軽減税率にも対応しているため、計算ツールの決定版と言えるでしょう。

税率別の総売り上げを3秒で自動計算

Ama Tax Calcでは、売上データから8%・10%のデータを抽出できます。

公式サイトにて解説されていましたが、データ取得にかかる時間はわずか3秒です。

出力するデータが多いと、数分かかってしまいますが、それでも早いほうです。

僕も軽く使いましたが、トランザクションデータをダウンロードして、自分で仕分けするよりも圧倒的な時短でした。

簡単に、ツールの手順を紹介すると以下のとおりです。

  • 1.セラーセントラルからファイルをダウンロードする
  • 2.Ama Tax Calcに①のファイルを入れる
  • 3.変換ボタンをクリックする
  • 4.8%・10%の仕分けされたデータが出てくる

このように、難しいことは一切ありません。

出力したファイルは、ダウンロードができるため、そのまま税理士に丸投げしても問題ありません。

さらに、使い方がわからない人向けにマニュアルも用意されています。

税率計算に時間がかかっている人は、Ama Tax Calcを導入しましょう。

返品・返金の軽減税率にも対応

Amazonでは、たまに返品・返金対応をするケースがあります。

この場合も、トランザクションデータに記録されますが、Ama Tax Calcではこちらも自動計算の対象です。

専用のファイルをダウンロードして、Ama Tax Calcに入れると自動で総額を計算してくれます。

確定申告をする際は、貸借対照表が必要になってくるため、厳密に申告する場合は、返品・返金処理も計上しなければなりません。

その際、テキトーに税率を設定してしまうと、余分に税金を支払うことになるほか、貸借対照表との数字が合わなくなります。

その面でも、Ama Tax Calcは便利ってことですね!
そうですね!さまざまな方面で使えると思います!
タテノリ

販売手数料の消費税加算分にも対応している

Amazonでは、カテゴリ別販売手数料があります。

15%が多いですが、10%のものもあります。

Amazonのヘルプページに詳細が書かれているので、詳しくは省略します。

問題は、セラーセントラルでの販売手数料の表記です。

在庫管理画面より販売手数料が確認できますが、いずれも税抜き表示になっています。

しかし、請求は税込み表示なので、カテゴリ別の軽減税率とは別に計算しなければなりません。

Ama Tax Calcを使うと、その心配はなく、販売手数料も税込み表示です。

誤って税抜きでの申告をして、後日追徴課税を求められるリスクを軽減できます。

Ama Tax Calcを使うべき人

Ama Tax Calcは、Amazonせどりをする人なら全員に利用してほしいツールです。

ただ、僕が特におすすめしたいのは、以下の人です。

Ama Tax Calcを使うべき人

  • 軽減税率で損している人
  • 税率計算が面倒な人

8%で正しく計上する場合と、10%でまとめて計上する場合では大きな差があります。

特に、せどりで売り上げが立っている人は、申告を間違えている可能性もゼロではありません。
(むしろ間違っている可能性のほうが高いです)

そのような人こそ、Ama Tax Calcを導入しましょう。

軽減税率で損している人

Amazonの軽減税率は、食品・ノンアルコール飲料に適用されています。

該当の商品を仕入れる予定がある場合は、Ama Tax Calcを導入したいところです。

正直、軽減税率の計算は面倒で、取り扱う商品が多ければ多いほど面倒になります。

とくに、混合して商品を仕入れている人は、手間と時間がかかります。

その面倒さから、8%のものを10%で申告する人も少なくありません。

この場合、余分に税金を支払うことになりますし、あとから修正申告する場合は、以下が必要です。

  • 決算書(確定申告表)
  • 余分に申告していることがわかるもの

たとえば、50万円ほど申告している額が多かった場合、その証明が必要となります。

いずれにしても、8%と10%で分ける必要があるため、最初からAma Tax Calcを使って分類したほうが吉です。

税率計算が面倒な人

軽減税率なしに、確定申告は面倒な作業です。

せどりだと、経費計上が多いため、複雑な帳簿になります。

人によっては、個人でも税理士を雇うケースも少なくありません。

その場合、仕入れや売り上げがわかる領収書や管理画面のコピーが必要です。

ただ、軽減税率別で申告する場合、それぞれ税率がわかるファイルを提出しなければなりません。

従来は、10%でまとめて計算していた人も多いですが、Ama Tax Calcさえあれば数分でまとめられます。

ファイルもエクセルで管理されているので、確定申告の際に税理士に投げるだけでOKです。

それは簡単ですね!案外、税率の計算って難しいので!
そうですね!税率計算が楽になるだけでも、使う価値は十分あると思います!
タテノリ

まとめ【Ama Tax Calcは税率計算の救世主】

Amazonの軽減税率は、販売している商品が多いほど、計算が非常に面倒です。

特化販売をしていない限り、だれでも巻き込まれる可能性があることです。

税率計算に手間をかけるくらいなら、Ama Tax Calcに任せて、別の時間に使うとよいでしょう。
(例:仕入れ、リサーチなど)

Ama Tax Calcでは、面倒な税率計算もわずか3秒で完結します。

計算結果はファイルとしてダウンロードできるので、税理士に渡せば売り上げ計上はクリアできます!

税率計算に時間を取らず、リサーチや仕入れなどに時間を割きたい人は、ぜひツールの導入してくださいね。

8%・10%の仕分けに苦しむあなたに

【軽減税率計算の救世主】

AmaTaxCalc公式サイトはこちら

面倒な税計算に時間をとられたくないならこれ!

今の働き方に不安を感じたら読む記事

 

ホリエモンやピータードラッカーといった著名人達が
推奨している働き方を当サイトでも推奨しています。

 

  • 今の働き方に不安を感じる
  • 今の職場に不満を感じる

そんな不安・不満を解消する新しい働き方であり、
現在一部で当たり前になってきている働き方です。

 

今後この事実を知らない人はをすることになると思います。

 

これから先10年、20年後の未来をみすえている
あなたにぜひ読んで欲しいオススメの記事です。


⇒今後"当たり前"になる新しい働き方をのぞき見してみる

 

 

-タテノリの日常